【パズドラ】「宝玉」とは/意味・用語解説

この記事をツイート

hogyoku

「宝玉」とは

宝玉とは、名前に「宝玉」が付く5種類の進化用素材モンスターのことです。
具体的には、火の宝玉、水の宝玉、木の宝玉、光の宝玉、闇の宝玉を指します。
ドロップ変換スキルを持っており、覚醒進化究極進化の素材や、四神シリーズのレイラン・カリン・メイメイ・ハク・サクヤのスキルレベル上げに活用できます。

宝玉はレアガチャ時の友情ガチャでも引けるようになりましたが、「精霊の宝玉」というイベント時に降臨ダンジョンで手に入れることも出来ます。
ダンジョンにランダムに出現する四神を倒すと、同属性の宝玉をドロップ入手することができます。
ただしレア度が非常に高く、超地獄級でも出現率は3~5割程度です。
欲しい宝玉を集めるためには高難易度の降臨ダンジョン周回ができるパーティーが必要であり、上級者向けのイベントと言えるでしょう。

2015年にはモンスターポイントの実装で確実に欲しい宝玉を入手できるようになりましたが、ポイントがとても高く設定されており、数を集めるにはなかなかハードルが高いのが現状です。


1325-300x182

1326-300x181

1327-300x181

1328-300x181

1329-300x181

パズドラ専門用語まとめ

その他の専門用語・略語一覧はこちら