【パズドラ】「幻獣枠」とは/意味・用語解説

この記事をツイート

0a01d559-s1

「幻獣枠」とは

「幻獣枠」というのは、期間限定のスペシャルダンジョンで非常にまれな確率で出現するレアモンスターのことです。

2012年11月から追加された、クラーケン、グリフォンフェニックス、ケルベロス、ユニコーンといった「幻獣シリーズ」がその由来となっています。他社との企画によるコラボダンジョンではこのようなレアモンスターが多く出現し、太鼓の達人コラボの「どんちゃん」やハローキティコラボの「キティン&ミミーナ」といったモンスターも入手することができます。
単体で出現し、倒すとかならず卵を落としていきますが、とにかく出現率が低いため何度もダンジョンを繰り返さないと入手することはできません

また、出現率などもいっさい公表されておらず、データも少ないため、効率のよい入手方法は皆無といってよいでしょう。
その結果、スタミナ回復のために多くの魔法石が必要となります。
ただし、幻獣シリーズに関しては最終の土日には出現率が3倍になり、コラボダンジョンでも現在は最終日に出現率が上がることがあります。

幻獣シリーズは半年程度の間隔でふたたびイベントが行われたりもしますが、コラボダンジョンでは版権が絡むため、ガンホーとのコラボ以外では再実施も難しく、そのため入手はさらに困難なものとなっています。
「今回のコラボの幻獣枠は何?」などのように使います。
コラボ以外の幻獣枠は、チェイサーシリーズやフェアリーシリーズもこれに当てはまります。

パズドラ専門用語まとめ

その他の専門用語・略語一覧はこちら