【パズドラ】「プラマラ」とは/意味・用語解説

この記事をツイート

vpuzdra991_seihou_site_header

「プラマラ」とは

プラマラとは、「プラスマラソン」の略です。+付きの卵を集めるためにダンジョンを周回することを指します。

プラス卵を合成素材にすると、モンスターの「+値」をアップさせてステータスに特別補正を付けることができます。各キャラは+297までの増強が可能であり、限界まで鍛え上げるためには何度もプラマラを行って卵を収集する必要があります。
ただし、プラス卵は出現率自体が低いため、がむしゃらに周回しても大量に集めることはできません。
効率的に入手するには、ドロップ率が1.5倍に上がる土・日の天海神、不定期開催ではされるプラス卵が落ちやすい「星宝の遺跡」「星宝の魔窟」などのプラゲリダンジョンを活用するのがお勧めです。

中でも、テクニカルダンジョンでプラス卵のドロップ率が5倍に跳ね上がるイベント時の封印の塔やタロス奈落穴はプラマラに最適な周回スポットです。1〜2時間周回するだけで30個以上獲得できる場合もあり、一気に+値をアップさせることが可能です。
他にも運営が開催する降臨プラス卵ドロップ5倍、10倍イベント時は、降臨ダンジョンでの+卵のドロップ率がほぼ100%になる時もプラマラの狙い目です。

上級者になると効率的に周回して、プラス卵を集めるためだけに作られたプラマラ用のパーティを作ることもあり、スキルマの赤おでんの槍投げや五右衛門を駆使して編成されます。
効率的にプラマラが出来るダンジョンをこちらにまとめました
プラマラに一番おすすめの周回ダンジョンは?

パズドラ専門用語まとめ

その他の専門用語・略語一覧はこちら