【パズドラ】「稲姫」の評価と使い道!おすすめの潜在覚醒・アシスト

この記事をツイート

C9RluqBU0AAZzT7

「稲姫」の評価やリーダー、サブやパーティでの使い道や強いのかどうかをまとめました。おすすめの潜在覚醒スキルや、アシスト(スキル継承)、パーティ倍率についても掲載しています。

稲姫の関連記事

キャラ評価 テンプレパ フレンド募集

稲姫の評価点数

リーダー評価 サブ評価 アシスト評価
8.0/10点 8.5/10点 ★★★

新戦国神シリーズのモンスター


稲姫

ねね

お市

ぎん千代

濃姫

ステータス・スキル

属性 タイプ
火/木 体力/攻撃
アシスト設定 売却MP
可能 15,000

ステータス

HP 攻撃 回復
レベル99 4,369 1,783 65
プラス297 5,359 2,278 362

スキル

LS ドロップを3個以下で消せないが、火属性の攻撃力が4倍。
火の2コンボ以上でダメージを軽減、攻撃力が4倍。
S バインドと覚醒無効状態を3ターン回復。
全ドロップを火、木、回復ドロップに変化。
覚醒

稲姫同士の倍率

HP
攻撃 16倍~256倍
回復
ダメージ減少 43.75%

稲姫の評価・使い道

リーダー評価

高倍率で軽減可能な4つ消しリーダー

ドロップを3つ以下で消せない4つ消しの制限があるものの、常時4倍の火力がつき、火のコンボで更に倍率をあげつつダメージ軽減が可能です。敵の先制対策も可能で殴り合いが可能な強力なリーダーです。

盤面を76マスにするフレンドがおすすめ

安定して火の2コンボをするために、出来る限り火以外のドロップも合わせて消すようにしましょう。フレンドに盤面を76マスにするフレンドを使用することで火ドロップの欠損率を大幅に下げることが出来ます。

火目覚め持ちをサブに入れよう

エルゲヌビ転生アレスクリシュナディアラなど火目覚め持ちをサブに入れることで安定して火ドロップを供給出来ます。

列変換と相性がいい

ライラトゥバン、茶渡などの列変換持ちを入れることで確実に火ドロップを確保することが出来ます。特に茶渡のスキルとは相性がよく、スキルを発動するだけで確実に最大倍率を発動できます。

サブ評価

覚醒無効対策出来る陣スキル

火木回復の強力な陣スキルに加えて、バインドと覚醒無効を3ターン回復することが可能で、高難易度ダンジョンのサブにおすすめです。火と木を同時に作り出せるため、火ロズエルパとの相性がバツグンです。

封印耐性をサポート出来る

封印耐性を2つ持っており、封印耐性をサポート出来ます。火属性モンスターは封印耐性複数持ちが少ないため、ヤマトタケルと使い分けすることが可能になります。

進化前とはスキルを使い分けよう

進化前からスキルが変化しており、転生シヴァパなどのコンボパは進化前でスキルをアシストして使用するのがおすすめです。出来れば2体確保しておきたいモンスターです。

稲姫の使い道

4つ消しの縛りがあるものの、最大倍率がとても高く、ダメージ軽減も可能なので殴り合いが可能な強力なリーダーです。サポート系の覚醒スキルが充実しており、封印対策やバインド、覚醒無効対策が可能です。陣スキル持ちとしても幅広く活躍できます。

スキル上げ出来るモンスター

おすすめ潜在覚醒

  • 操作時間延長
  • 攻撃強化
  • ダメージ軽減

4つ消し縛りで確実にパズルを揃えるために操作時間をサポートしましょう。ダメージ軽減を上げることで耐久性能もアップします。

おすすめアシスト

火ドロップを多く必要とするため目覚め効果付きの変換スキルなどがおすすめです。

覚醒稲姫

属性 タイプ
火/木 体力/攻撃
アシスト設定 売却MP
可能 15,000

ステータス

HP 攻撃 回復
レベル99 4,369 1,783 65
プラス297 5,359 2,278 362

スキル・覚醒

LS ドロップを3個以下で消せないが、火属性の攻撃力が4倍。
火の2コンボ以上でダメージを軽減、攻撃力が4倍。
S バインドと覚醒無効状態を3ターン回復。
全ドロップを火、木、回復ドロップに変化。
覚醒

入手方法

レアガチャから入手

稲姫

属性 タイプ
火/木 体力/攻撃
アシスト設定 売却MP
可能 15,000

ステータス

HP 攻撃 回復
レベル99 4,169 1,583 65
プラス297 5,159 2,078 362

スキル・覚醒

LS ドロップを3個以下で消せないが、火属性の攻撃力が4倍。
火の2コンボ以上でダメージを軽減、攻撃力が4倍。
S 1ターンの間、2コンボ加算される。
全ドロップを火、木、回復ドロップに変化。
覚醒

入手方法

レアガチャから入手

モンスター評価・使い道情報

その他の評価・使い道はこちら