【パズドラ】「目覚め」とは/意味・用語解説

この記事をツイート

3069

「目覚め」とは

目覚めとは新インド神のクリシュナ、ヴィシュヌ、サラスヴァティの持つスキル「火の目覚め」「木の目覚め」「水の目覚め」の総称です。
使用すると3ターン指定色のドロップが15%落ちてきやすくなります。
幻龍王・ゼローグ∞の闇ドロップが落ちやすくなるスキル「ライジングダーク」も「闇の目覚め」と言われることがあります。
特定の色が落ちてきやすくなるスキルは総括して”目覚め”と呼ばれています。

使用すると欲しい色のドロップが落ちやすくなるため、単色パやコンボパであれば落ちコンの可能性が高くなり、火力を上げることが出来ます。
変換と違い、盤面を消せば消すほど効果を発揮するスキルなので中級者〜上級者に愛用されています。
逆に盤面に偏りが発生してしまうので多色パにはオススメできません。

スキルマにするとゼローグ以外の新インド神たちは6ターンでスキルを発動できます。
2体のスキルマがパーティにいれば、スキル効果をループさせることが出来ます。
これを「目覚めループ」といいます。
パーティに組み込む際はLFで組ませるか、サブに2体入れるなどしてもいいでしょう。
継続的に欲しいドロップが供給されます。

ダンジョンギミックとしてスペダン降臨で敵が使用してくることもあり、目覚め状態になっている場合、画面の右下に目覚め状態のドロップの色のアイコンが表示されます。

パズドラ専門用語まとめ

その他の専門用語・略語一覧はこちら