【パズドラ】「花火」とは/意味・用語解説

この記事をツイート

81cd9b051

「花火」とは

花火とは、石川五右衛門やゼウスディオス、ゼウスマーキュリーなどが持つ「盤面すべてのドロップを特定1色のドロップに変換するスキルのことです。
元々は五右衛門のスキルで「天上大花火の術」から来ており、まさに盤面を花火のごとく真っ赤に染め上げることができることからそう呼ばれるようになりました。
転じて、ドロップを全て特定の一属性に変換すること自体を「花火」と呼ぶようになりました。

花火スキルは覚醒劉備ゼウスディオスの周回パの登場で一気に注目されるようになりました。マルチブーストによる恩恵で高倍率を出すことができるゼウスディオスは、どんな高難易度ダンジョンの敵でも倒すことができる火力が出るようになり、ドロップ強化を付けることで1000倍以上の火力を出すことが出来たためマルチプレイでの周回パとして一時代を築きました。
その後もメリディオナリスとゼウスマーキュリー(ハッポウ)の強力な花火周回パの登場で、花火スキルは周回に欠かせないスキルとなりました。

そんな強力な花火パですが、ダメージ吸収コンボ吸収には弱いです。プレイヤーたちは、ダメージ吸収無効化スキルや上下変換で確定7コンボをするなど様々な工夫をして花火を活用しています。

パズドラ専門用語まとめ

その他の専門用語・略語一覧はこちら