【パズドラ】闇ラジョア(進化前)の評価と使い道!おすすめの潜在覚醒・アシスト

この記事をツイート

4186_R

「ラジョア(進化前)」(闇ラジョア/霊龍契士・ラジョア)の評価やリーダー、サブやパーティでの使い道や強いのかどうかをまとめました。おすすめの潜在覚醒スキルや、アシスト(スキル継承)、スキル上げ、パーティ倍率についても掲載しています。

ラジョアの分岐評価はこちら


ラジョア(進化前)

ラジョア(進化後)

ラジョア(進化前)の関連記事

キャラ評価 テンプレパ フレンド募集

ラジョア(進化前)の評価点数

リーダー評価 サブ評価 アシスト評価
9.0/10点 8.5/10点 ★★★

新龍契士シリーズのモンスター


6号

キリ

ターディス

リィ

クーリア

ディステル

ラジョア(進化前)

ラジョア(進化後)

ステータス・スキル

属性 タイプ
闇/闇 ドラゴン/悪魔
アシスト設定 売却MP
可能 50,000

ステータス

HP 攻撃 回復
レベル99 6,505 1,970 165
プラス297 7,495 2,465 462

スキル

LS 闇を4個以上つなげて消すと攻撃力が上昇(4倍)、最大30倍(30個)。
HP80%以上で受けるダメージを半減。
S 全ドロップを闇と回復ドロップに変化。
最大HP40%分のHP回復、バインド状態を4ターン回復。
(ターン数:18→13)
覚醒
超覚醒

ラジョア(進化前)同士の倍率

HP
攻撃 16倍〜900倍
回復
ダメージ減少 75%

ラジョア(進化前)の評価・使い道

リーダー評価

殴り合いの出来る列パリーダー

闇を4つ以上つなげて消すことで攻撃力が上がり、最大30個消しで30倍の火力を出せます。HP満タン時にはダメージ半減ができるので殴り合いすることも可能です。

HP回復要員をサブに入れる

倍率を出すためには盤面に大量の闇ドロップを必要とします。そのため、整地などで闇ドロップを確保するために先制ダメージ対策としてもHP回復スキル持ちをサブに入れましょう。

複数体編成がおすすめ

HP回復しつつ盤面に闇と回復ドロップを作り出せる陣スキルは自身のリーダースキルととても相性がいいです。サブに複数体編成することで火力とLSを効率的に発揮できます。

闇変換スキル持ちをサブに入れる

火力を出すために大量の闇ドロップを作り出すことの出来る闇変換や陣スキル持ちをサブに優先的に入れましょう。

サブ評価

闇の列パサブに優先的に入れよう

覚醒スキルに闇属性強化を4つも持っており、闇パのサブに入れることで火力要員として使うことが出来ます。スキルで大量の闇ドロップも確保できるので使いやすさも優れています。

追加攻撃と列パの相性は悪い

覚醒スキルに追加攻撃を持っており根性対策出来るものの、列パサブ要員として使う事が多いため、使いづらさを感じます。

ラジョア(進化前)の使い道

闇属性強化を4つも持っており、闇列パとして特化した性能を持っています。リーダーとしてもサブとしても優秀なモンスターです。複数体持っている場合はサブに入れるのもおすすめです。

闇ラジョアがリーダーのパーティ

闇ラジョアのテンプレパーティ

スキル上げ出来るモンスター

おすすめ潜在覚醒

  • 操作時間延長
  • 各種キラー

列消しを安定して出すことの出来る操作時間のサポートが必須になります。

おすすめアシスト

  • なし

自身のスキルとLSの相性がとてもいいので、アシストは基本的に不要です。

入手方法

モンスター評価・使い道情報

その他の評価・使い道はこちら