【パズドラ】「ねね」の評価と使い道!おすすめの潜在覚醒・アシスト

この記事をツイート

C9RmBTKVoAEeJcc

「ねね」の評価やリーダー、サブやパーティでの使い道や強いのかどうかをまとめました。おすすめの潜在覚醒スキルや、アシスト(スキル継承)、パーティ倍率についても掲載しています。

ねねの関連評価はこちら


ねね

ハロウィンねね

ねねの関連記事

キャラ評価 テンプレパ フレンド募集

ねねの評価点数

リーダー評価 サブ評価 アシスト評価
8.0/10点 8.5/10点 ★★★

新戦国神シリーズのモンスター


稲姫

ねね

お市

ぎん千代

濃姫

ステータス・スキル

属性 タイプ
水/光 攻撃/ドラゴン
アシスト設定 売却MP
可能 15,000

ステータス

HP 攻撃 回復
レベル99 3,508 1,988 205
プラス297 4,498 2,483 502

スキル

LS ドロップを3個以下で消せないが、水属性の攻撃力が4倍。
水の2コンボ以上でダメージを軽減、攻撃力が4倍。
S バインドと覚醒無効状態を3ターン回復。
全ドロップを水、光、回復ドロップに変化。
覚醒

ねね同士の倍率

HP
攻撃 16倍~256倍
回復
ダメージ減少 43.75%

ねねの評価・使い道

リーダー評価

4つ消しの強力な水パリーダー

ドロップを3つ以下で消せない4つ消しの制限があるものの、常時4倍の火力がつき、水のコンボで更に倍率をあげつつダメージ軽減が可能です。簡単に倍率の出せる殴り合い可能な強力なリーダーです。

アメノミナカヌシと相性がいい

水/光属性を持っており、陣スキルで水と光ドロップを確保できるため、フレンドにアメノミナカヌシを選ぶのがおすすめです。回復力にも倍率が付き、ダメージ軽減が可能なためバランスの良いパーティになります。

水目覚め持ちをサブに入れよう

シェアトサラスヴァティ転生ヘルメス、水着エスカマリなど水目覚め持ちをサブに入れることで安定して水ドロップを供給出来ます。落ちコンでの火力アップも狙えます。

2way寄せでさらに強力に

4つ消しの縛りをメリットにするためにサブは2way持ちに寄せる事で更に火力を底上げすることが出来ます。転生孫権転生オロチバルバロッサ、ファミエルなど2way複数持ちを入れましょう。特にシェアトは封印耐性を持たないデメリットを打ち消すことが出来るのでおすすめです。

サブ評価

覚醒無効対策出来る陣スキル

水光回復の強力な陣スキルに加えて、バインドと覚醒無効化を3ターン回復することが可能で、高難易度ダンジョンのサブにおすすめです。

封印耐性をサポート出来る

封印耐性を2つ持っており、封印耐性をサポート出来ます。アンドロメダと使い分けすることが可能になります。

進化前とはスキルを使い分けよう

進化前からスキルが変化しており、進化前はコンボ数を加算することが可能です。コンボパのサブやアシストとしても使用出来ます。出来れば2体確保しておきたいモンスターです。

ねねの使い道

4つ消しの縛りがあるものの、最大倍率がとても高く、ダメージ軽減も可能なので殴り合いが可能な強力なリーダーです。サブに2way持ちを入れることで簡単に高火力の出せるパーティが作れます。

スキル上げ出来るモンスター

おすすめ潜在覚醒

  • 操作時間延長
  • ダメージ軽減

4つ消し縛りで確実にパズルを揃えるために操作時間をサポートしましょう。ダメージ軽減を上げることで耐久性能もアップします。

おすすめアシスト

水ドロップを多く必要とするため目覚め効果付きの変換スキルなどがおすすめです。

覚醒ねね

属性 タイプ
水/光 攻撃/ドラゴン
アシスト設定 売却MP
可能 15,000

ステータス

HP 攻撃 回復
レベル99 3,508 1,988 205
プラス297 4,498 2,483 502

スキル・覚醒

LS ドロップを3個以下で消せないが、水属性の攻撃力が4倍。
水の2コンボ以上でダメージを軽減、攻撃力が4倍。
S バインドと覚醒無効状態を3ターン回復。
全ドロップを水、光、回復ドロップに変化。
覚醒

入手方法

レアガチャから入手

ねね

属性 タイプ
水/水 神/バランス
アシスト設定 売却MP
可能 15,000

ステータス

HP 攻撃 回復
レベル99 3,408 1,588 295
プラス297 4,398 2,083 592

スキル・覚醒

LS ドロップを3個以下で消せないが、水属性の攻撃力が4倍。
水の2コンボ以上でダメージを軽減、攻撃力が4倍。
S 1ターンの間、2コンボ加算される。
全ドロップを水、光、回復ドロップに変化。
覚醒

入手方法

レアガチャから入手

モンスター評価・使い道情報

その他の評価・使い道はこちら